水溶性食物繊維 ダイエット

水溶性食物繊維で腸内環境を整えて健康的にダイエット!

水溶性食物繊維の主なダイエット効果

食物繊維のダイエット効果は研究でも多くの実証があるので、信頼できる栄養素と言えます。
そこで、今回はダイエットに直接関わる効果を紹介していきたいと思います。

 

1.糖分の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる。

 

2.吸水性がありゲル状となってコレステロールや腸の中に溜まった毒素を排出してくれる

 

3.水分を吸収して膨らむ特性があるので、少量でも満腹感を得る事ができ、食べすぎの防止につなげる事ができる

 

4.腸の中で硬くなってしまった頑固な便をやわらかくしてくれる効果があるので、便秘の改善をしてくれる

 

5.水溶性食物繊維が腸内菌のエサとなり、善玉菌がふえることで腸内環境が整う

 

など主な効果は以上ですが、1ヶ月~2ヶ月、食物繊維や乳酸菌などを摂取し腸内環境を改善する事で最終的にデトックス効果やアンチエイジング効果などの美容にも効果を期待できるので、2~3日の便秘の改善だけでなく、その原因の根本となっている腸内の健康を大切にしてあげる事が重要です。

 

水溶性食物繊維が不溶性食物繊維よりダイエットに優れている理由

食物繊維は水溶性と不溶性があるのはもうご存知かと思いますが、実はダイエットには、不溶性食物繊維より水溶性食物繊維の方が効果的です。その理由は不溶性食物繊維の場合摂取の仕方を間違えると便秘の改善どころか逆に便秘を悪化させてしまうケースが本当に多く、そうなると体内の毒素を体に溜め込んでしまう事になり、体調も崩しやすくなりますし、なによりダイエットにも影響してきます。
一方の水溶性食物繊維にも副作用がありますが、基本的に日本人には水溶性食物繊維が圧倒的に足りていないので、にんにく1日300gを摂取するなど、特殊な食事の仕方をしない限りそういった事はまずない事と、水溶性の効果として、中性脂肪やコレステロール、体内の毒素などを排泄してくれる効果があるので、ダイエット効果を得たい場合は、水溶性食物繊維を積極的に取り入れていきましょう!

 

水溶性食物繊維の目標量

1日に必要な食物繊維量は25gといわれており、不溶性:水溶性を2:1で摂取する事が理想となってくるので、約8.7gの水溶性食物繊維を摂取する事が大切になってくるのですが、現状食品だけではとても手の届く量ではなく、食生活を気をつけながら、水溶性食物繊維が豊富に含まれた青汁等のサプリメントで足りない分をカバーしてあげる事をおすすめします。

 

水溶性食物繊維がダイエットに有効なサプリメントの選び方

水溶性食物繊維以外の栄養素がまったくないサプリメント等もあり、その時の便秘を解消するだけなら問題はないのですが、続けるとなるとそれだけでは体の栄養素が失われ逆効果になる事が多く、体調不良の原因となる可能性があります。
元々、水溶性食物繊維は食品から摂るべきなので、他のビタミンやミネラルといった栄養成分が配合されていなければ、排泄時に失われるミネラルやビタミンは不足する事になります。
また腸内環境を整える事が最終目標となっているので、食物繊維以外にも腸内を良好に保つ手助けをしてくれる、乳酸菌やオリゴ糖などが含まれていた方がより効き目があるのでサプリを選ぶときも
これらに気をつけ摂取し、腸内をキレイに保つ事で期待できる、デトックス効果・ダイエット効果・美容効果を実感しましょう。

 

⇒水溶性食物繊維おすすめ

ホーム RSS購読 サイトマップ